太るからと妊娠中の食事を我慢していると肥満体質の子供が生まれる?

妊娠中は生活ががらりと変わりますので、これまでの生活と同じようにしていていいのか、何を変えたらいいのか悩む事もあるのではないでしょうか。お母さんになることはとても喜ばしい事ですが、それと同じぐらい様々な悩みが出てくるのも当然といえるでしょう。

その悩みの一つに妊娠中の体重管理が挙げられます。細い人だと二人分の栄養が必要なのだと言われて少し多めに食べるようにしなくてはと考えることになりますし、ふくよかな方であれば食べすぎには気をつけてと言われるので、食事にも悩まされてしまいます。

今は子供でも生活習慣病にかかる時代だと言われるほどです。妊娠中の食事如何によっては、生まれてくる子供が肥満体質になるともささやかれたりするので、お母さんとしては気が気ではありません。これまでは食べすぎだとふっくらしたお子さんが生まれるというようにも言われていたのですが、近年は妊娠中に食事制限をしすぎる事でも肥満体質になりやすい子供になるというような意見も出てきています。

特に妊娠中、初期頃にダイエットをしていたような時には、お母さんだけがダイエットをしているのではなく、なんと胎児までダイエットをしているような状態になって結果的に飢餓状態にさらされているといっても過言ではないのです。その為、生まれた後に肥満遺伝子が活発化しやすいとも言われているのです。昔は厳しく妊娠中の食生活のコントロールもするように言われていたのですが、今はある程度管理が出来ているのであれば自由な指導をしてくれている病院が殆どです。妊娠中は全体の食生活でバランスよく栄養が取れるように食材選びをして、三食も体調に合わせた食べやすい量で食べるようにするというのが良いでしょう。

必ずしもお母さんがダイエットをしていたから必ず子供が肥満になりやすいということはありませんが、生まれた後もいろんな食材を好き嫌いせず食べられるようにするには、妊娠中からの生活習慣も大切になってきます。自分自身でも注意をしますし、家族や周囲の方からもいろんなアドバイスがもらえるでしょうから、それらも参考にしてどんな食事をすればいいのか、よく考えてみて下さい。過度に食べ過ぎても良いというわけでもありませんが、だからといって我慢をしすぎても自分自身のストレスになりますし、体内の中でお子さんが「お腹空いたな」と思っているかもしれないと考えて、程よい量で食べるように心がけてみて下さい。

妊娠中の食事、辛い物や刺激物は食べても大丈夫?

妊娠中は辛い食べ物の摂取は刺激が強すぎるので赤ちゃんに悪影響があるのではと心配になる人もいますが、一般的な摂取量であれば胎児に悪影響があることはありません。しかし辛い物に限らず何でも食べ過ぎは良くないので、辛い物ばかり食べるのは良くありません。妊娠中かどうかに関わらず辛い物の食べ過ぎは胃や食道に炎症が起こりやすくなり、さらに辛い物は塩分きついものが多いので高血圧などのリスクも高まります。妊娠中は妊娠高血圧になりやすいので、キムチなどの塩分がきつい辛い物が好きな人は取り過ぎないように注意しましょう。また食べつわりなどの症状や味覚の偏りによって辛い物が食べたくなる場合も、取り過ぎないように注意が必要です。
食べ過ぎは良くありませんが、香辛料は食事に適度に取り入れることによって体調の改善に繋がります。香辛料は食欲不振や消化不良を改善する効果があり、悪阻で食欲が落ちている時などに食事に取り入れると改善が期待できます。他にも妊娠中は冷えは胎児に良くないので身体を温めることが大切と言われており、唐辛子などには新陳代謝を活発にするため身体を温めてくれます。他にも辛い物は塩分がきついものも多いですが、家で調理をする場合は塩の代わりに香辛料を使うことによって、塩分を抑えることも出来ます。
妊娠中はあまり問題がない辛い物ですが、産後はあまり摂取しないほうが良いと言われています。母乳で育てる場合ですが辛い物を食べると母乳の味が悪くなると考えられており、刺激物は母乳の乳質を悪くさせます。その事によって赤ちゃんが母乳を飲むのを嫌がったりすることに繋がってしまい、粉ミルクに移行することになったり発育不良になってしまう恐れもあります。このように食べ物は母乳の成分に影響を与えてしまうので、辛い物を食べ過ぎると母乳に移行した刺激物が赤ちゃんの消化器などに負担をかけてしまうなど悪影響が出る場合もあります。
インド人やタイ人など辛い食文化の国の人は妊娠中でも辛い物を食べているから大丈夫ではないかと考える人もいますが、日本人はもともとあまり辛い物を食べる食文化ではないので刺激物を消化出来る能力が高くありません。その事を考えると妊娠中には全く食べないと言うのではありませんが、あまり食べ過ぎないように注意したほうが安心です。普段からあまり辛い物を食べない人は食生活を見直す必要はありませんが、辛い物が好きで良く食べる人は妊娠中は控え目の食生活に見直すといった程度の意識が必要です。

意外に知られていない妊娠中の食事で摂ってはいけないもの

妊娠中は、ママが口にしたものが赤ちゃんにまで届いて様々な影響を与えてしまうことになるため、特に食事内容には注意しておく必要があります。中には妊娠中のママが食べない方が良いとされている食品もあるため、大切な赤ちゃんを守るためにもあらかじめ知っておく必要があります。

まず妊娠中のママが避けたほうが良い食品としては、リステリア食中毒菌に罹患する可能性のあるものが挙げられます。生ハムやスモークサーモンなどの加工品に付着していることがあり、4度以下という低い温度や高濃度の塩分下でも生存することができる非常に生命力の強い菌として知られています。持病のある人や妊娠中のママなど、免疫力や体力が低下している人が感染しやすいと言われています。妊娠中に感染してしまうと、リステリア菌が子宮内にいる赤ちゃんにまで移行して感染してしまい、流産や早産などを引き起こしてしまう可能性もあるのです。非常に怖い症状を引き起こす菌ですが、一般的な食中毒菌と同じように加熱することで予防が可能で、感染してしまった場合でも抗生物質を投与することで治療できます。赤ちゃんへの感染を防ぐためにも、妊娠中にはあまり食べないようにしましょう。

また、ローストビープなど加熱が不十分な肉類から感染することで有名なトキソプラズマも挙げられます。普段はどこにでも存在するようなありふれた寄生虫で、体力のある一般の人なら感染しても問題ありません。ただ、妊娠中に初感染すると胎盤から赤ちゃんへ寄生虫が移ってしまい、流産や死産のリスクが高まるだけでなく脳や目などの重要な器官に障害が出てしまう可能性もあるのです。妊娠中に感染すると約50%の確率で赤ちゃんに移るとされており、血液検査で発見されたらできるだけ早く治療する必要があります。

さらに、ウコンやシナモン、セージにバジルなどが配合されたハーブや漢方も食事に取り入れない方が賢明です。適量をたまに摂取するだけなら問題ないのですが、中には子宮収縮作用を持つハーブなどもあり、過剰摂取すると流産したり早産してしまう可能性もあるので注意が必要です。

このように、妊娠中は何でもまんべんなく食べて栄養を摂取するのが良いというイメージが強いですが、中には赤ちゃんに悪影響を与えてしまう食品もあるのです。好きな食べ物を我慢しなければならないのは辛いですが、10ヶ月という短い期間のことですし、何より大切な赤ちゃんのためなのでママとして頑張っていきましょう。

妊娠中の食事で冷たいものは避けた方がいいの?

冷えは妊娠中に限らず、女性にとってよいものではありません。妊娠中は、食事など口に入るものに気を使うべき時期ですが、その温度にも注目してみましょう。冷えは、冷たい飲み物をとることでも感じることがあるので、あまり飲みすぎるのはよくありません。さらに、妊娠中には胃腸が弱っていることもあるので、冷たいものは飲み物にかかわらず、フルーツやアイスクリームなども食べ過ぎには注意しましょう。食べた場合は後から熱いお茶を飲むなど対応を考えましょう。とはいえ、食べたからすぐにどうなるということではありません。元から冷えを感じない人は特に気にする必要はないかもしれませんが、妊娠中は体が冷えやすいということを覚えておきましょう。以前から冷えを感じるという人は特に注意を。顔や上半身が火照っていても足先は冷たいということも妊娠中にはよくあります。身体が少しでも寒いと感じたら身体を温めるように努力しましょう。一枚多めに着こむことも大事ですが、食事から温めるようにするのが効果的です。ショウガやネギなどはよく言われていますが、さらに毎日の献立に熱いスープ、味噌汁などを1品加えて対応しましょう。普段の飲み物も冷やしたものではなく常温か温かいものがベター。妊娠中はとにかく喉が渇くので、夏場などは特に飲みすぎに注意しましょう。ジュースや炭酸飲料などは糖分がたくさん含まれていて、カロリーもオーバーしがちになってしまいます。妊娠中にふさわしい飲み物として麦茶があります。カフェインも含まれていないので量を気にせず飲むことができます。冷えは母体が血行不良に陥っているサインでもあります。放っておくとお腹が張りやすくなったり、筋肉が固くなることで難産にもつながるという考えもあるようです。赤ちゃんに与える影響はもっと大きく、血流が悪いと最悪流産や早産になることがあります。そうでなくても、成長が遅くなったり、逆子になることもあります。羊水はママの体温で変わります。冷たい羊水の中で赤ちゃんが成長していかなければいけないというのは少しかわいそうではないでしょうか。赤ちゃんもあたたかな羊水、あたたかな場所を求めて子宮の中を動き回り、逆子になってしまうというのです。妊娠中の身体に起こる様々なことは、赤ちゃんに様々な影響を与えます。快適な環境で赤ちゃんが育っていけるように、ママもできることは少しずつでいいので改善していきましょう。

妊娠中、食事で十分に摂れない栄養素はサプリで摂った方がいい?

妊娠中は母体と胎児が繋がっている状態なので、母体の栄養不足は胎児への影響が直接出てしまいます。例えばエネルギーやタンパク質、カルシウムなど胎児の体格を構成する栄養が不足すると、胎児の成長が順調に進まず低体重児になる恐れなどもあります。直接身体を構成する栄養素以外にも亜鉛やヨウ素といった細胞分裂などに関わる栄養が不足すると、発育不良に繋がります。また妊娠中に摂取が推奨される葉酸は不足すると神経管閉塞障害などの疾患のリスクが上昇します。
普段でも食事だけで十分な栄養素を摂取することは難しいですが、妊娠中は悪阻や味覚の変化によってより理想的な食生活を送ることが難しくなります。さらに妊娠中は必要となる栄養素の量が増えるので、より十分に栄養のバランスが整った食事をすることが難しくなります。十分に栄養を摂取できない場合はサプリを摂ることによって、胎児により良い栄養状態に近づけることが出来ます。
妊娠中に不足しがちな栄養素はタンパク質、葉酸、ビタミンB12、鉄分、亜鉛、カルシウムがあり、食事で十分に摂取出来そうにない場合は妊娠中だけでなく妊娠前からサプリで補充するようにしましょう。これらの成分をバランスよく含んだ妊娠中向けのものも売っているので、そのような商品を利用するのもおすすめです。また過剰摂取などが気になりますが、葉酸などの水溶性の成分は体内に蓄積されないので心配はいりません。しかしビタミンAなどの成分は過剰摂取に注意が必要で、特にビタミンAの中でもレチノールの過剰摂取に注意が必要です。上限量を超える摂取が続くと胎児に奇形が現れるリスクが高まり、流産に繋がる場合もあります。過剰摂取が怖いビタミンAですが、妊娠中も皮膚や粘膜を正常に保つために必要な栄養です。動物性食品に多いレチノールではなく、緑黄色野菜に多く含まれているβカロテンを摂取するようにしましょう。βカロテンは必要な分だけのレチノールを作り出し、残りは抗酸化物質として体内で利用されるので胎児に影響が出にくくなります。
妊娠中に体重増加で食事制限を医者から指示される場合もありますが、そのような時には必要な栄養まで制限しないように気をつけないといけません。そんな時にはエネルギーや脂質などをほとんど含まないサプリで栄養バランスを調節すると、体重増加を抑えながら比較的簡単に栄養バランスを良い状態にする事が出来ます。自分自身の体調などにも合わせて、利用するとより良い妊婦生活を送ることが出来ます。

妊娠糖尿病を予防するための妊娠中の食事とは

妊娠中限定でなる糖尿病に妊娠糖尿病という病気があります。こちらの病気は妊娠中に限定した糖尿病で、妊娠中の糖尿病を放置しておくと妊娠時高血圧症などのかなり重篤な合併症を併発する可能性がかなり高くなります。そのため妊娠糖尿病と産婦人科医が判断した場合には、糖尿病内科できちんと治療を行う必要があります。
こちらの病気を予防するための妊娠中の食事の摂取方法があります。その方法ですが、ブロッコリーなどの緑黄色野菜を最初に摂取するのが一番良いと言われています。基本的にはその点さえ注意しておけば、通常の食事をするだけであれば妊娠糖尿病は心配する必要はないです。緑黄色野菜を最初に摂取すると糖質や炭水化物などの摂取がゆっくりとなるので、血液中の糖質の上昇を最小限に抑える事が可能となります。またケーキやお菓子などをどうしても食べる機会があるのであれば、白米やパンなどの炭水化物を減らす事で十分に対応可能です。
食事の量も考える必要があります。御飯を摂取しすぎるのが良くないのはもちろんですが、糖質を気にしすぎて炭水化物を全く摂取しないのもお腹の中の胎児に悪い影響があります。そのため適切な量の食事を摂取する必要があります。1日に必要なカロリーを計算するには、妊娠していない時の標準体重×30kcal(標準体重=身長m×身長m×22)に、妊娠初期なら50 kcal、妊娠中期は250 kcal、妊娠後期は450 kcal、授乳期は350 kcalを追加したものが、妊娠中に必要な総摂取カロリー量となります。
妊娠中の妊娠糖尿病になった場合に必要な栄養素もあります。一番必要な栄養素は鉄分になります。妊娠中は赤ちゃんに血液を運ぶため鉄分が不足しがちになります。鉄分が不足するとこちらの病気に悪い影響が出るだけでなく、母体の体力も奪われていきます。そのため鉄分が豊富なほうれん草などを積極的に摂取する必要があります。
こちらの病気は糖尿病性ケトアシドーシスを引き起こす可能性が高い事でも知られています。脂肪を分解する際に生み出されるケトン体という物質が一度にたくさん排出されると糖尿病性ケトアシドーシスを引き起こし、胎児だけでなく母体の命の危険が生じる場合があります。それを防ぐには少量の御飯を6回程度食べる事がかなり有効です。
このような点さえ注意しておけば、こちらの病気になった場合でも美味しいケーキなどを楽しむ事が可能となります。

妊娠中の食事、おやつに甘いものは避けるべき?

妊娠中は食事の好みが変わるという女性もたくさんいます。こうした好みの変化は妊娠中のホルモンバランスの変化が大きく影響していると言われていますが、医学的にははっきり解明されていません。
約10ヶ月間という長い妊娠期間の中で、段階によって食の好みが変わることも珍しくはありません。例えばつわり症状が現れやすい妊娠初期というのは、食べやすいフルーツやゼリーなどでも受け付けない人もいますし、胃もたれしそうなジャンクフードが食べたくなってしまうという人もいます。またつわりが終わった後、つまり妊娠中期以降は赤ちゃんの成長が著しく、その過程においてブドウ糖を欲するため妊婦さんは甘い物が欲しくなってしまう傾向にあります。普段は甘い物を食べない人でも、妊娠中だけはどうしてもケーキが食べたくなったという声もよく耳にします。
多くの女性が妊娠中に悩むのが体重管理です。つわりがおさまると赤ちゃんが栄養をどんどんとっていってしまうため、母体は食欲旺盛になってしまいます。もちろんしっかり食べるというのは大切ですが、食欲に任せて食べ過ぎてしまうとどんどん体に脂肪を蓄えてしまい難産に繋がってしまうため注意が必要です。また日にちが経つにつれて甘い物を食べたくなる人も多くなります。妊娠中の不安やストレスから甘い物が欲しくなってしまったり、また赤ちゃんがブドウ糖をとってしまうことから母体が甘い物を欲してしまったりという原因が考えられますが、だからと言っておやつの食べ過ぎは決して誉められたことではありません。
妊娠中はどうしても1日の運動量が減ってしまうものです。そのためおやつを食べることによって砂糖を摂りすぎるとあっという間に脂肪となってしまいます。だからと言って甘い物をガマンするというのがストレスになってしまう人も少なくはないため、食べてはいけないわけではありませんがその量と日頃の食事の見直しは必ず行うようにしましょう。例えば甘い物を食べ過ぎると脂肪になるだけではなく血糖値が上がって妊娠糖尿病になってしまう恐れがあります。それを防ぐために食べた後は少し散歩をするなどの軽い運動を取り入れたり、トマトなど血糖値を下げる効果のある食品を意識して食べるようにするなどの工夫が必要です。
妊娠中というのはとてもストレスがたまりやすいものです。それは体調の変化であったり、お産に対する不安・ストレスなど様々な原因が考えられます。こうしたものを軽減するためにおやつというのも時には必要なので、食べる量などを上手にコントロールするようにしましょう。

妊娠中の食事、間食はどのくらいしてもいい?

200キロカロリーといわれています。おにぎりならば丸々一つ食べられますが、ショートケーキでは約半分の量になります。どちらを選ぶかはママにお任せしますが、洋菓子の中には栄養素はほぼ含まれていないと考えるとおのずとチョイスも変わってくるのではないでしょうか。ストレスをためることは後のドカ食いにもつながりますので、絶対に食べてはいけないということは言えません。純粋に妊娠中ということを考えれば栄養やカロリーなどを考えるに越したことはありませんが、現実に妊娠糖尿病などのリスクが迫っていなければある程度は許容されるべきです。喫煙や飲酒などのリスクに比べても、一回のスイーツの害などないに等しいものです。それよりも食べてしまったことの罪悪感を長期間感じる方が心配です。日本の妊婦は世界水準に比べても低体重であることが指摘されています。痩せすぎの妊婦からは肥満の子供が育つ可能性もあるといわれていますので、太ることにあまり神経質にならない方がいいかもしれません。また食事を小分けにして食べることも、お腹が大きくなって一度に食べきれない妊婦さんには有効ですので試してみましょう。

妊娠中の食事、野菜嫌いな妊婦さんはどうしたらいいの?

妊娠中には、赤ちゃんがお母さんから栄養を取っていきますので、必要栄養素を取らなくても、赤ちゃんが勝手に母体からとっていきます。極端なことを言えば、最低限の野菜を食べていれば足りますが、母体への影響は大きくなります。そして、あまりにも不足してしまうと、赤ちゃんにも影響が出てきますので、いつかは赤ちゃんに悪影響を及ぼすのです。妊娠中の野菜嫌いで、一番心配なのは便秘と葉酸不足です。妊婦はホルモンの関係や、子宮による腸の圧迫が生じるので、それに伴い便秘になりやすいです。それを改善するためには食物繊維が重要です。しかしなら、がどうしても苦手な場合は、調理方法を考え直すと食べやすくなります。生の野菜が難しいようであれば、温野菜にして、好みのドレッシングをかけて食べたり、なべ物にすることも改善につながります。食事の際には、赤ちゃんへの影響を考えながら、少しでも食べるといいです。妊娠中のつわりで、野菜嫌いになってしまう人もいますが、代用品を考えると食事が少しでも楽しくなります。緑黄色野菜が苦手な人は、海藻や野菜ジュースを試みるのもいいです。また妊娠中に食事の好みが変わってしまった場合には、野菜をミキサーなどで細かくして、ケーキを作ったり、クッキーにしても食べやすくなります。それは、離乳食の時にも応用できますので、楽しく料理をしながら、乗り越えることも重要です。いろいろな工夫をしても食べられない場合には、思い切って医師に相談するといいです。妊娠中の不安定な精神状態で悩み続けることは心身によくありません。もし、どうしても思い通りにならなくて困る時には、サプリメントに頼ることもできます。昨今の医療などの技術は発展していて、医師は様々な知識を持っていますので、気になることは早めに相談して解決することが重要です。妊娠中のサプリメントや栄養剤などは、必ず医師に相談して、正しい用法と量で摂取する必要があります。妊娠中の体は敏感なので、過剰に摂取すると、胎児に悪い影響を与えたり、母体にもよくありません。妊娠中は、普段とホルモンのバランスも異なりますので、無理をせずにできるだけ早めに相談して解決し、自分自身の体と心を普段よりも大切にするといいです。野菜嫌いの改善ができれば、それにこしたことはありませんが、無理な場合には、早めに解決をすることで、胎児への影響を防ぐことができ、順調に出産の日を迎えられます。

妊娠中の食事はバランスよく食べなくちゃダメなの?

妊娠中というのは、普段よりも食事に気をつける必要があります。
妊娠中の食事は、バランスよく摂取できていれば、それほど神経質になる必要はありませんが、食べた方が良い食べ物と避けた方が良い食べ物などもありますから、要注意です。
妊娠中に食べた方が良い食べ物は、皮膚や筋肉を構成するタンパク質が大切ですから、肉類や魚類、大豆製品をバランスよく摂取することが基本です。
また、ビタミンや鉄、マグネシウム、カリウムなどのミネラルのほか、葉酸や食物繊維も積極的に摂取することが推奨されています。
一方、妊娠中に避けたい食べ物は、生物やマグロなどの大魚などです。
マグロなどの大きな魚には、水銀が含まれている可能性が高く、魚介類からの水銀摂取によって、胎児に悪影響を与える可能性が考えられますから、妊娠中には大型の魚や深海魚を控えて、DHAを豊富に含んでいる小魚を中心に摂取するのが望ましいといえます。
そのほかにも、妊娠中には、葉酸を摂取することが推奨されていますが、この理由は、葉酸を摂取することで、胎児の脳神経の発達と神経管の形成に関係すると言われているからで、葉酸が不足すると二分脊椎などの神経管閉鎖障害や無脳症の発症リスクが高くなり、葉酸を摂取することで発症リスクを低減するといわれています。
そのため、妊娠の可能性のある女性は、食物やサプリメントなどで葉酸を摂取することが推奨されています。
もちろん、栄養バランスのとれた食事を毎日摂取できれば問題ありませんが、なかなか食事だけで補うことは難しいので、サプリメントを上手に活用すると良いでしょう。
葉酸は、ほうれん草やアスパラガス、モロヘイヤ、わかめなどに含まれていますから、積極的に摂取することをおすすめします。
妊娠中には、カフェインはNGだと言われていますが、ただ、お茶やコーヒーには、気持ちを落ち着かせてリラックスさせる効果もあるため、カフェインを過剰摂取せず、少量であれば許容範囲と考えられています。
また、カフェインと同じように、アルコールやタバコも妊娠中には禁止されていますが、アルコールやタバコの有害物質は、胎盤から胎児に移行してしまい、障害をもった赤ちゃんが産まれてくるリスクも高くなってしまいますから、控えましょう。
つわりでなかなか食べられないという場合には、食べられる時に食べられるものを食べるのが基本ですから、栄養面のことはあまり考えなくてもよいでしょう。
ただ、つわりが終わった後は栄養バランスを考えることが大切です。