太るからと妊娠中の食事を我慢していると肥満体質の子供が生まれる?

妊娠中は生活ががらりと変わりますので、これまでの生活と同じようにしていていいのか、何を変えたらいいのか悩む事もあるのではないでしょうか。お母さんになることはとても喜ばしい事ですが、それと同じぐらい様々な悩みが出てくるのも当然といえるでしょう。

その悩みの一つに妊娠中の体重管理が挙げられます。細い人だと二人分の栄養が必要なのだと言われて少し多めに食べるようにしなくてはと考えることになりますし、ふくよかな方であれば食べすぎには気をつけてと言われるので、食事にも悩まされてしまいます。

今は子供でも生活習慣病にかかる時代だと言われるほどです。妊娠中の食事如何によっては、生まれてくる子供が肥満体質になるともささやかれたりするので、お母さんとしては気が気ではありません。これまでは食べすぎだとふっくらしたお子さんが生まれるというようにも言われていたのですが、近年は妊娠中に食事制限をしすぎる事でも肥満体質になりやすい子供になるというような意見も出てきています。

特に妊娠中、初期頃にダイエットをしていたような時には、お母さんだけがダイエットをしているのではなく、なんと胎児までダイエットをしているような状態になって結果的に飢餓状態にさらされているといっても過言ではないのです。その為、生まれた後に肥満遺伝子が活発化しやすいとも言われているのです。昔は厳しく妊娠中の食生活のコントロールもするように言われていたのですが、今はある程度管理が出来ているのであれば自由な指導をしてくれている病院が殆どです。妊娠中は全体の食生活でバランスよく栄養が取れるように食材選びをして、三食も体調に合わせた食べやすい量で食べるようにするというのが良いでしょう。

必ずしもお母さんがダイエットをしていたから必ず子供が肥満になりやすいということはありませんが、生まれた後もいろんな食材を好き嫌いせず食べられるようにするには、妊娠中からの生活習慣も大切になってきます。自分自身でも注意をしますし、家族や周囲の方からもいろんなアドバイスがもらえるでしょうから、それらも参考にしてどんな食事をすればいいのか、よく考えてみて下さい。過度に食べ過ぎても良いというわけでもありませんが、だからといって我慢をしすぎても自分自身のストレスになりますし、体内の中でお子さんが「お腹空いたな」と思っているかもしれないと考えて、程よい量で食べるように心がけてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です