意外に知られていない妊娠中の食事で摂ってはいけないもの

妊娠中は、ママが口にしたものが赤ちゃんにまで届いて様々な影響を与えてしまうことになるため、特に食事内容には注意しておく必要があります。中には妊娠中のママが食べない方が良いとされている食品もあるため、大切な赤ちゃんを守るためにもあらかじめ知っておく必要があります。

まず妊娠中のママが避けたほうが良い食品としては、リステリア食中毒菌に罹患する可能性のあるものが挙げられます。生ハムやスモークサーモンなどの加工品に付着していることがあり、4度以下という低い温度や高濃度の塩分下でも生存することができる非常に生命力の強い菌として知られています。持病のある人や妊娠中のママなど、免疫力や体力が低下している人が感染しやすいと言われています。妊娠中に感染してしまうと、リステリア菌が子宮内にいる赤ちゃんにまで移行して感染してしまい、流産や早産などを引き起こしてしまう可能性もあるのです。非常に怖い症状を引き起こす菌ですが、一般的な食中毒菌と同じように加熱することで予防が可能で、感染してしまった場合でも抗生物質を投与することで治療できます。赤ちゃんへの感染を防ぐためにも、妊娠中にはあまり食べないようにしましょう。

また、ローストビープなど加熱が不十分な肉類から感染することで有名なトキソプラズマも挙げられます。普段はどこにでも存在するようなありふれた寄生虫で、体力のある一般の人なら感染しても問題ありません。ただ、妊娠中に初感染すると胎盤から赤ちゃんへ寄生虫が移ってしまい、流産や死産のリスクが高まるだけでなく脳や目などの重要な器官に障害が出てしまう可能性もあるのです。妊娠中に感染すると約50%の確率で赤ちゃんに移るとされており、血液検査で発見されたらできるだけ早く治療する必要があります。

さらに、ウコンやシナモン、セージにバジルなどが配合されたハーブや漢方も食事に取り入れない方が賢明です。適量をたまに摂取するだけなら問題ないのですが、中には子宮収縮作用を持つハーブなどもあり、過剰摂取すると流産したり早産してしまう可能性もあるので注意が必要です。

このように、妊娠中は何でもまんべんなく食べて栄養を摂取するのが良いというイメージが強いですが、中には赤ちゃんに悪影響を与えてしまう食品もあるのです。好きな食べ物を我慢しなければならないのは辛いですが、10ヶ月という短い期間のことですし、何より大切な赤ちゃんのためなのでママとして頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です