妊娠糖尿病を予防するための妊娠中の食事とは

妊娠中限定でなる糖尿病に妊娠糖尿病という病気があります。こちらの病気は妊娠中に限定した糖尿病で、妊娠中の糖尿病を放置しておくと妊娠時高血圧症などのかなり重篤な合併症を併発する可能性がかなり高くなります。そのため妊娠糖尿病と産婦人科医が判断した場合には、糖尿病内科できちんと治療を行う必要があります。
こちらの病気を予防するための妊娠中の食事の摂取方法があります。その方法ですが、ブロッコリーなどの緑黄色野菜を最初に摂取するのが一番良いと言われています。基本的にはその点さえ注意しておけば、通常の食事をするだけであれば妊娠糖尿病は心配する必要はないです。緑黄色野菜を最初に摂取すると糖質や炭水化物などの摂取がゆっくりとなるので、血液中の糖質の上昇を最小限に抑える事が可能となります。またケーキやお菓子などをどうしても食べる機会があるのであれば、白米やパンなどの炭水化物を減らす事で十分に対応可能です。
食事の量も考える必要があります。御飯を摂取しすぎるのが良くないのはもちろんですが、糖質を気にしすぎて炭水化物を全く摂取しないのもお腹の中の胎児に悪い影響があります。そのため適切な量の食事を摂取する必要があります。1日に必要なカロリーを計算するには、妊娠していない時の標準体重×30kcal(標準体重=身長m×身長m×22)に、妊娠初期なら50 kcal、妊娠中期は250 kcal、妊娠後期は450 kcal、授乳期は350 kcalを追加したものが、妊娠中に必要な総摂取カロリー量となります。
妊娠中の妊娠糖尿病になった場合に必要な栄養素もあります。一番必要な栄養素は鉄分になります。妊娠中は赤ちゃんに血液を運ぶため鉄分が不足しがちになります。鉄分が不足するとこちらの病気に悪い影響が出るだけでなく、母体の体力も奪われていきます。そのため鉄分が豊富なほうれん草などを積極的に摂取する必要があります。
こちらの病気は糖尿病性ケトアシドーシスを引き起こす可能性が高い事でも知られています。脂肪を分解する際に生み出されるケトン体という物質が一度にたくさん排出されると糖尿病性ケトアシドーシスを引き起こし、胎児だけでなく母体の命の危険が生じる場合があります。それを防ぐには少量の御飯を6回程度食べる事がかなり有効です。
このような点さえ注意しておけば、こちらの病気になった場合でも美味しいケーキなどを楽しむ事が可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です