妊娠中の食事、野菜嫌いな妊婦さんはどうしたらいいの?

妊娠中には、赤ちゃんがお母さんから栄養を取っていきますので、必要栄養素を取らなくても、赤ちゃんが勝手に母体からとっていきます。極端なことを言えば、最低限の野菜を食べていれば足りますが、母体への影響は大きくなります。そして、あまりにも不足してしまうと、赤ちゃんにも影響が出てきますので、いつかは赤ちゃんに悪影響を及ぼすのです。妊娠中の野菜嫌いで、一番心配なのは便秘と葉酸不足です。妊婦はホルモンの関係や、子宮による腸の圧迫が生じるので、それに伴い便秘になりやすいです。それを改善するためには食物繊維が重要です。しかしなら、がどうしても苦手な場合は、調理方法を考え直すと食べやすくなります。生の野菜が難しいようであれば、温野菜にして、好みのドレッシングをかけて食べたり、なべ物にすることも改善につながります。食事の際には、赤ちゃんへの影響を考えながら、少しでも食べるといいです。妊娠中のつわりで、野菜嫌いになってしまう人もいますが、代用品を考えると食事が少しでも楽しくなります。緑黄色野菜が苦手な人は、海藻や野菜ジュースを試みるのもいいです。また妊娠中に食事の好みが変わってしまった場合には、野菜をミキサーなどで細かくして、ケーキを作ったり、クッキーにしても食べやすくなります。それは、離乳食の時にも応用できますので、楽しく料理をしながら、乗り越えることも重要です。いろいろな工夫をしても食べられない場合には、思い切って医師に相談するといいです。妊娠中の不安定な精神状態で悩み続けることは心身によくありません。もし、どうしても思い通りにならなくて困る時には、サプリメントに頼ることもできます。昨今の医療などの技術は発展していて、医師は様々な知識を持っていますので、気になることは早めに相談して解決することが重要です。妊娠中のサプリメントや栄養剤などは、必ず医師に相談して、正しい用法と量で摂取する必要があります。妊娠中の体は敏感なので、過剰に摂取すると、胎児に悪い影響を与えたり、母体にもよくありません。妊娠中は、普段とホルモンのバランスも異なりますので、無理をせずにできるだけ早めに相談して解決し、自分自身の体と心を普段よりも大切にするといいです。野菜嫌いの改善ができれば、それにこしたことはありませんが、無理な場合には、早めに解決をすることで、胎児への影響を防ぐことができ、順調に出産の日を迎えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です