妊娠中の食事、つわりを緩和させる食べ物・悪化させる食べ物

妊娠中は、お腹の赤ちゃんの為にも、きちんとした食事を摂りたい時期でもありますが、
妊娠初期から妊婦さんを悩ませるつわりが始まる人も居るのではないかと思います。
症状や個人差もありますが、酷い時には、食べ物の匂いだけでも食事を摂ることが難しい場合もあるようです。
そういう場合は、妊娠中でも無理をしないで、食べられるものを食べるようにしましょう。
食事とつわりが関係しているのかは、はっきりしていませんが、つわりを緩和してくれる栄養素が
ビタミンB6だと言われています。
なので、もし辛い時には、ビタミンB6が含まれる食物を食べてみては如何でしょうか。
まず、バナナにはビタミンB6が多く含まれています。
バナナでしたら妊娠中でも、気軽に食べられますし、ジュースにしたりヨーグルトをかけて食べるのも良いでしょう、
ただ、牛乳は消化が良くないので、牛乳を使っての飲み物を作るのは控えた方が良さそうです。
妊娠中は、白米の炊く匂いがダメな人も多いのではないでしょうか。
その時は、代わりに玄米にする方法があります。
玄米だと白米と違った匂いなので、匂いで辛くなることもなく、また、鉄分や葉酸、食物繊維など妊娠中に欠かせない
栄養が含まれているので積極的に摂りたい食品でもあります。
他にも、抹茶や豆腐があります。
抹茶にもビタミンB6が豊富ですが、カフェインも含まれているため、摂り過ぎに注意が必要です。
豆腐は消化もよく、タンパク質やビタミン、オリゴ糖なども豊富です。
冷やして食べるとさっぱりしているので、妊娠中でも食べやすいかと思います。
では、逆につわりを悪化させる食べ物とはどんな物があるのでしょうか。
はやり、白米の匂いに悩まされている妊婦さんが多いようです。
その場合は、おにぎりにして冷ましてから食べると臭いも気にならなくなり食べやすくなります。
妊娠中の炭水化物は、パンやうどんを食べて摂取しても良いでしょう。
中には、妊娠中にフライドポテトが無性に食べたくなる人も居るようです。
しかし、ファーストフードや揚げ物など脂質の多い食べ物は、消化も悪いので良くありません。
どうしてもフライドポテトを食べたい時は、自宅でじゃがいもから作ってみると良いでしょう。
少ない油で焼いて作れば、無添加で安心です。
生魚や玉ねぎ、ニンニク、ネギなど匂いが強い食品が使われた食事が悪化させる原因にもなるようです。
の中をさっぱりしたい時に飲みたくなる炭酸飲料やコーヒーも実は悪化させてしまうようです。
果物も冷やして食べると食べやすいのですが、糖分が多く含まれているので食べ過ぎないように気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です