妊娠中の食事、食べた方が良い魚とは

妊娠中は自分の体だけでなく、胎児にも気を配り、栄養の摂取をする必要があります。魚には脳の働きを良くしたり、抗アレルギーの作用があったりするDHAや血液を良い状態にするEPA、カルシウムなど栄養が豊富に含まれており妊娠をしていない時期は積極的に食べたいものですが、妊娠中はどのくらい食べてよいのか、食べても良い種類には何があるかわからないことがあります。
魚は食物連鎖によって大きくなっていきます。大きいものほど水銀が含まれている傾向があり、妊娠中に魚を通して水銀を摂ってしまった場合胎児に影響が出る可能性があります。これは、胎児に行きわたってしまった場合、胎児自身が水銀を体の外に排出することができずそのまま蓄積されてしまうためです。また、放射能問題で注目されているセシウムも影響が出てしまいます。そのため控えた方が良いものがあります。
控えた方が良いものにはクロマグロ、メバチ、メカジキ、マカジキ、ミナミマグロ、金目鯛、キダイがあります。逆に食べても良いものには、キハダマグロ、ビンナガマグロ、サケ、アジ、サンマ、イワシ、カツオ、タイ、サバ、ブリがあります。ツナ缶も食べて大丈夫です。
妊娠中に食事に摂りいれる場合、出来るだけ加熱するようにしましょう。お刺身で食べるとリステリア細菌に感染したり、食中毒を起こしたりする可能性があります。妊娠中は特に免疫力が下がってしまっているので、注意が必要です。なお、食中毒はお腹を下すことが多いですが、その際子宮も収縮してしまうことがあります。子宮が収縮してしまうと流産の可能性が高まってしまうのでどうしても刺身を食べたい場合は新鮮なものを選び、食べすぎないようにしましょう。
厚生労働省でも妊娠中に食事にどのようにとりいれていくかを示しています。
食べ方としては1週間を基準とし、キダイの焼き物を1切れ80gとミナミマグロの刺身80g、そこにツナサラダなど水銀の影響がないものを加えるようにします。この数値はあくまで1週間であるので注意が必要でないものを中心に食べると良いでしょう。この場合も食べすぎには気を付けるようにします。
妊娠中は様々な食材をまんべんなくとることが大切です。妊娠中だからといって魚を食べないのではなく、食べても良い物を中心にバランスよく食べるようにしましょう。食べる際には焼いたり、煮たりするようにし、できるだけ生のまま食べないように心がけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です