妊娠糖尿病になってしまった場合、妊娠中の食事、間食で気を付けることとは

妊娠糖尿病は、妊娠の影響によって発症する糖代謝異常の一種で、妊娠中に初めて発症し、糖尿病には至らない軽度な状態を指します。
妊娠中に重度の糖代謝異常が判明された場合には、明らかな糖尿病として区別されます。
妊娠中に妊娠糖尿病が発症する人は、約12%程度で、血糖値が上昇しやすくなるのが大きな原因です。
妊娠中というのは、血液中のブドウ糖が分解されにくくなるため、家族に糖尿病の人がいたり、妊娠中に体重が急増した、高齢出産、巨大児を出産したことがある人などは、特に注意が必要です。
この病気は自覚症状がほとんどないため、なかなか気がつかない病気ですが、自覚症状がなくても、母体や胎児に悪影響を与え、流産や早産を引き起こしやすくなったり、胎児機能不全を起こす可能性も高くなりますから、予防や早期発見、早期治療が重要となります。
妊娠糖尿病は、妊婦検診で行われる血液検査で調べることができます。妊娠初期の段階で血糖値が適正であったとしても、中期や後期になると、インスリン機能がさらに弱まってしまうため、注意が必要です。
妊娠糖尿病は、血糖値を管理するため、食事療法と運動療法が重要となります。
食事療法は、糖分を減らして栄養のバランスを整えることを心がけ、決められたカロリーを守り、果物やスポーツ飲料などの摂りすぎに注意することが大切です。
食事管理がストレスになってしまいますが、ただでさえ妊娠中はお腹がすきますから、間食も食べたいと思うかもしれません。
ただ、もちろん甘いチョコレートやクッキーなどはNGで、食べても良いおやつは血糖値への影響が少なく、低糖質のもので、おからや大豆がメインのお菓子がおすすめです。
多くの場合お菓子には小麦粉や砂糖が使われているので、妊娠中には避けたいおやつといえます。
おからは、豆腐を作るときに大豆があまったもので、食物繊維を含んでいるため、便秘解消にも効果的です。
大豆も、栄養価が高く、食物繊維が豊富で、妊娠中の女性には欠かせない栄養素といえます。
そのほかにも、寒天やゼラチンには糖質が含まれていませんから、安心して食べることができます。自分で作ることができるので、バリエーションも豊富で経済的というのもメリットといえます。
食事管理はもちろん重要ですが、ストレスをためない程度に行うことが大切です。
食べ物に気をつけるとともに、マタニティヨガやマタニティスイミング、食後のウォーキングを続けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です