妊娠中の食事で避けた方が良い食品とその理由~飲み物~

妊娠中に気を付けたいものにはたくさんありますが、口に入れるものは特に気を付けたいものです。妊娠中には食事管理も徹底して行われるものですが、意外と盲点になるのが飲み物です。カフェインが含まれるコーヒーなどは有名なので、妊娠中には飲まないなど対策をとっているママも多いかもしれませんが、ほかにも紅茶や緑茶、エナジードリンクにもかなりのカフェインが含まれているので注意が必要です。ただし、一日に大量に飲むなどの行為でなければ妊娠中でもコーヒー1杯くらいのカフェインは飲んでも大丈夫と言われています。また、カフェインの含まれないデカフェなどもありますので試してみましょう。カフェインが赤ちゃんに与える影響には、落ち着きがなくなるなどの性格的な問題や、カフェインが胎盤の血流を減少させる作用から低体重で生まれる可能性があることなどがあげられます。次に、カフェインを気にするママが飲み物として選びがちなのがハーブティーです。しかし、ハーブティーには様々な種類があって中には妊娠中には避けた方がいい種類のハーブがあるので要注意です。特にカモミールなどはメジャーで手に入りやすいハーブティーですが、子宮の収縮作用があるので妊娠中にはタブーとされています。避けた方がいいものと飲んでもいいものの判別がつかない時は、やめておく方が無難です。また、同じような理由で飲むのを避けるべきお茶がハト麦です。ハト麦というと健康茶というイメージも強く、妊娠中でも飲めそうな感じがしてしまいますが、実は流産や早産などの危険性があるため避けた方がいい飲み物のひとつです。ブレンド茶にも含まれていることがあるので、成分をよく確かめてから飲むようにしてください。アルコールは当たり前に、妊娠中裂けるべきものの代表ですが、アルコールが胎児に与える影響は胎児性アルコール症候群というものですが、あまりその内容は知られていません。胎児性アルコール症候群になってしまうと、発達障害や、容姿への影響もある深刻な病気になってしまう可能性を含んでいます。お腹の赤ちゃんが酔っぱらってしまうというような簡単な話ではないので、安易な気持ちで飲まないようにしましょう。妊娠中の食事は、体重管理のために気を付けるものですが、飲み物にも様々なリスクが隠されていることがあります。一度でも飲んだからと言って、すぐに何かが起きるということではありませんが、飲まないことで限りなくリスクをゼロにすることができます。少しの間我慢しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です