妊娠中、つわりがひどいときは食事はどうすればいい?

妊娠中の食事は赤ちゃんのためにもしっかりと取るように言われます。しかし、妊娠初期にはつわりも始まり、なかなか思うように食事管理ができないというママも多いのではないでしょうか。一生懸命食べているつもりでも後から吐いてしまうようならば食べない方がいいのではないかと思ってしまうことや、これしか食べたくないなどの嗜好の変化にも対応できなくて自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。妊娠中にママが食べたものが赤ちゃんに直接届いているわけではないので、特に初期のころはあまり気にしなくても大丈夫です。つわりは徐々に収まっていくことが多いので、それまでは食べれるものを中心に栄養を取っていきましょう。例えば、トマトだけしか食べれない、ポテトフライしか食べれない、という場合でも、無理してほかのものを食べて全部吐いてしまうよりも、それだけでも食べていた方が安心です。妊娠中気分がいい時を見計らってほかの食べ物にもチャレンジしてみましょう。ただし、水分補給だけはしっかり行いましょう。病院でも、食べれないことでは特に問題視されませんが、水も飲めないような状況になると話は違います。入院が必要になる場合もありますので、無理せず受診するようにしてください。妊娠中は普段よりもエネルギーが必要、と思われがちですが、実はそうではありません。特につわりがあるような時期はまだ胎児も小さいため、ママが食べたものよりもママが蓄えてきたもので十分なのです。妊娠中はいろいろな体の変化が訪れますが、食べれないだけではなく食欲が止まらない食べづわりというものも存在します。妊娠中の体重管理は、医師から何度も注意されることですが、この食べづわりになってしまうと初期に一気に体重が増え、その後の体重管理で苦労することになります。この場合は好きなものを好きなだけ食べる方法ではなく、栄養分に注意しながら量は多くても低カロリーの食事を心がける方が賢明です。妊娠中は抑制が効かないので、甘いものや揚げ物などそれだけでいくらでも食べれてしまいそうになりますが、後で後悔するのは自分です。高カロリーなものを食べたい時は、事前にサラダや蒸し野菜を食べるなど、自分なりのルールを作っておくのもおすすめです。少しでもバランスよく食べれる工夫をしてみましょう。妊娠中は短期間で一番体重の変動が激しい時です。ここでその範囲を最小限にとどめておくと、産後ダイエットが簡単になることを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です