妊娠中の食事、ドカ食いは危険?

妊娠中はおなかの中の赤ちゃんを育てるために、たくさんの栄養が必要になります。できるだけ栄養バランスのよい食事を摂るのが理想的です。また、妊娠初期には約3割の妊婦が何かを食べていないと吐き気などのつわり症状が出るため、常に食べているという食べつわりになると言われています。つわりで食べられないという人もいますので、食べられるなら食べたほうがよいとも言えます。しかし、ドカ食いを継続していると体重が増加してきますが、太りすぎる場合は母体に悪い影響が出ることもあります。特に妊娠中には炭水化物や甘いものを食べたくなることが多いでしょう。これは、赤ちゃんが成長するために、糖分を必要とするためです。赤ちゃんが成長するために必要な栄養素なので、しっかり摂る必要はありますが、そのせいで妊娠糖尿病やむくみなどの症状が出ることもあります。もし妊娠初期のころに体重が2キロ以上増えている場合は、脂肪がついてしまっていると思われます。少し食事の量と内容を見直したほうが良いでしょう。しかし、基本的には妊娠初期にはたくさん食べたほうがよいとされていますので、定期健診で指摘されなければ無理をして食事制限をする必要はありません。もし、太りすぎと診断された場合でも、食べる量を無理に減らすのは良くありません。妊娠中にダイエットをすると赤ちゃんの成長に悪影響が出てしまいます。その場合には、間食するものを低カロリーのものに置き換えるなどの工夫をしましょう。妊娠中には食欲も増えてドカ食いをしてしまう人が多いでしょう。気がついたときには、すごく太っていたということもあります。太ってしまった場合、陣痛が始まっても子宮口が開きにくく難産になる可能性があります。また、糖分の過剰摂取で赤ちゃんが大きく育つことでも難産になる可能性もあると言われます。昔は妊娠中にはたくさん食べて太ってもよいという認識でしたが、現在では太りすぎによる健康への悪影響も問題になっています。特に妊娠中の期間でも初期と後期には甘いものを食べたくなる人が多いと言われています。もし甘いものを食べたくなってしまったら、お菓子類ではなく果物やさつまいもなどがおすすめです。妊娠中は食べるものの好みが変わることも多いので、食べられないこともあります。できるだけ、食べられるもので健康に良いものを選ぶ必要があります。また、妊娠中は運動不足になることも多いので、散歩するなど負担がない程度に体を動かすのも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です