妊娠中につわりがひどい時、無理に食事をする必要はないの?

妊娠中につわりがひどい場合、食べようとしても匂いで口に入れることもできない、食べてもすべて吐いてしまうといったことがあります。お腹の赤ちゃんに影響がないか心配になってしまいますが、つわりの期間は妊娠中のほんの短い期間で治まることがほとんどです。また、妊娠中は胎児に栄養分が優先的に配分されるため、ママが食べられなくても胎児の成長に影響を与えるということはありませんので安心してください。ただし食事ができないことは精神的にもつらく、体力も落ちてしまいますので何か一つでも食べられるものを見つけることも大事です。食べられない中で家事や散歩などを行うとめまいや立ちくらみなどで転倒する恐れもありますので、なるべく安静に過ごすようにしましょう。この時期にあまりにも痩せてしまうと心配になりますが、受診の目安は食事ができるかということよりも、水分補給ができているかということになります。水分すらも受け付けなくなることは命にかかわりますので、脱水症状などの危険がある場合は入院するなどの処置がとられます。点滴で栄養分を摂取できるので、気持ち的にも楽になります。我慢しないでつらい時は病院へ連絡してみましょう。水分補給さえできていれば妊娠中に食欲がないことは問題ではありません。食べれるものを食べれるときに少しずつでいいので口に入れるようにしてみましょう。妊娠中は嗜好も変わってきますので、今まで好きではなかったものが食べられるものかもしれないということもあります。口の中がさっぱりするすっぱいものやトマト、大根などを生のまま食べるなど、思いもよらないものにはまることもあります。また、から揚げやポテトフライなどピンポイントで食べることができるのも妊娠中によくあることです。つわりの期間は食事に神経質になることはありませんが、それもその後の期間できちんと食事管理や体重管理をすることを見越してのこと。そのままの食生活が定着してしまうと妊娠中に大増量してしまうことにもつながります。特に食べられないつわりが終わった後は何を食べても美味しいという期間に突入しますので、リバウンドにも要注意です。妊娠中をトータルで健康的に過ごすためには、体調のいい時にきちんと自制することを心がけるようにするのがポイントです。全ては健康な赤ちゃんを産むためです。母体にとっても望ましいことですので、食べること、食べるものに気を付けて毎日を過ごしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です