胃もたれ、胸やけがあるときの妊娠中の食事、オススメなのは?

妊娠中に胃もたれや吐き気などの不快症状を感じる人は多いものです。もちろんその程度や時期には個人差がありますし、中には全く感じなかったという羨ましい人もいます。
妊娠中は赤ちゃんを育てる上で母体が摂取する食事というのはとても大切です。しかしこういった不快症状があっては満足に食事をとることができないと悩む妊婦さんも多いのです。こうした場合には食べる物、その食べ方を少し工夫するだけで不快症状を軽減させることが可能です。
妊娠中にまず多くの女性が経験するのがつわりです。つわりにも様々な種類がありますが、特に多いのが吐き気を伴う吐きづわりです。妊娠初期にこの吐きづわりに悩まされる女性は少なくはありません。何を食べても吐き気を感じたり、何も食べていなくても吐き気を感じるという不快症状に悩まされます。この時期は赤ちゃんのためにというよりは母体のために食事をとることが大切となるので、食べられるものを食べられるときに食べるというのが基本となります。その時の気分で「これなら食べられそう」というものを少しずつ口にしてみるようにし、食欲がなくても水分だけはとってみるなど日々体調と相談しながら様子を見ていくしかありません。妊娠中期に入ればつわりがおさまる人がほとんどですが、その頃から赤ちゃんはどんどん成長していきます。そして後期に入ればお腹も大きくなり、それによって母体の胃や腸などの臓器が圧迫されるようになります。これが後期づわりの始まりです。妊娠中はこの初期と後期の2回に分けて不快症状を感じる人が多い傾向にあります。
後期に入れば日々の食事内容というのはとても重要になってきます。へその緒でしっかり繋がっているため、母体が取り入れた栄養がダイレクトに赤ちゃんに伝わるようになるからです。しかし胃もたれを感じている中でしっかりご飯を食べるというのはとても苦痛です。こういった場合には野菜スープなど栄養を考えた上で食べやすいものを食べると良いでしょう。また妊娠中期頃から体重も増えやすくなっているので、1回に食べる量を減らし、回数を増やすというスタイルに切り替えると体重の増加も緩やかになりやすくなります。妊娠中に胃もたれを感じるようであれば、とにかく胃に負担をかけないということを心がけましょう。例えばフルーツであれば、30分くらいで消化できるため胃に負担をかけませんし、ビタミン類などの必要な栄養も摂取できます。エネルギー源となる炭水化物も雑炊やおかゆにすれば比較的食べやすくなります。
妊娠中というのは日々体調が変化しますし、個人差もあります。自分に合った生活スタイルを考えていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です