妊娠中の食事で積極的に摂りたい野菜とは?

妊娠中のもっとも大切なことは、バランスの良い食事を積極的に摂取するということです。
中でも妊娠中に積極的に摂取した方が良い栄養素としては、葉酸やカルシウム、鉄で、葉酸は赤ちゃんが新しい細胞を作って成長していくためには欠かせない栄養素です。
妊娠時に通常よりも多く摂取することで、無脳症や二分脊椎症などの障害のリスクを抑えることができると考えられています。
葉酸が多く含まれている野菜は、ほうれん草や春菊、芽キャベツ、パセリ、アスパラガス、ブロッコリー、枝豆などです。
ただ、葉酸は熱に弱いため、食べ物だけから妊娠中に必要な量を摂取するのは難しく、サプリメントで補うことをオススメします。
妊娠中は、十分な栄養をお腹の赤ちゃんに送るため、たくさんの血液が必要となります。その血液の主成分となるのが赤血球で、鉄分が重要となります。
特に妊娠中期から後期にかけては、赤ちゃんに優先的に赤血球が使用されるため、貧血になることが多いため、鉄分も意識して多めに摂取することが大切です。
鉄分を多く含む野菜は、ほうれん草や小松菜、大豆などです。
そのほかにも、妊娠中には、カルシウムも意識して摂りたい栄養素で、魚類、海藻類やナッツ類、大豆類、乳製品などに含まれています。
ただ、気をつけないといけないことは、妊娠初期にビタミンAを摂りすぎると、赤ちゃんに奇形が起きるリスクが高くなってしまいますから、妊娠中のビタミン過剰摂取は気をつける必要があります。
そのほかにも、カルシウムが豊富に含まれている魚介類ですが、金目鯛や黒マグロ、鯖、鯛、カツオ、サンマ、イワシなどは、水銀が蓄積している可能性があるので、過剰摂取しないように気をつけましょう。
妊娠中にアルコールを摂取した場合、胎盤から赤ちゃんに移行してしまうので、妊娠中にはアルコール摂取を控えるようにしましょう。
また、たばこに含まれる一酸化炭素は、酸素を運ぶ能力を低下させてしまい、自然流産や早産率を高めてしまったり、低体重で生まれる可能性が高くなってしまうので、妊娠中は禁煙を心がけましょう。
妊娠中期になると、つわりも徐々に落ち着いてくるので、食欲も増してくる妊婦が多くなります。
この時期は、お腹の赤ちゃんへの栄養も考えた食事をとることが重要となってきます。
妊娠中期になると、貧血や妊娠中毒症になりやすくなりますから、栄養バランスを十分考えて摂取することが重要で、1日の食事摂取量は、2200kcalが目安となっています。
この中で、ビタミンやミネラルを摂取するために、緑黄色野菜を食べることが大切で、栄養バランスの整った食事を心がけることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です