お腹の中のわが子のために知っておきたい妊娠中の食事について

妊娠をしたらおなかにいる子供のことを考えて食事を気を付けようという意識が高くなります。
つわりがひどい人にとっては栄養も考えながら自分の食べられるものを考えていかないといけません。
よく、マグロなどの生魚や、油の多い食事やお菓子などを制限されます。
油物のとりすぎで血液がドロドロになってしまうものも悪いです。
胎児に影響する物質が多く含まれて、本当に避けたほうがいいものは限られているのでそこだけ注意すればあとは気を付けようと意識しましょう。
妊娠中は、カフェインも取らないほうがいいですね。今はカフェインレスやノンカフェインのコーヒーやミルクティーなども多く売られているのでそちらを飲むようにしましょう。タンポポコーヒーは、妊娠中によく飲むといいとされています。生まれてからも母乳にいいといわれているので試してみるのもいいです。コーヒーと書いていますがお茶に近い味なのでコーヒーを飲みたい方はお勧めできませんが。
意外と知られていないようなものでもあまり多くとらないほうがいいものもたくさんあります。
ヒジキやわかめ貝や甲殻類など一見えいようが高くてとったほうがよさそうにも思えますが、あまり多く摂取してはいけません。
えいようバランスを考えながら三食しっかり食べられる人もいれば、まったく食べられず栄養が偏り、点滴で栄養を補う人や、ある一つのものしか食べたくなくなりそればっかり食べてしまう人もいると様々な人がいて、
油物はダメと言われながらも、ハンバーガーしか食べたくなくてずっと食べてしまう人も多いです。
やめたほうがいい食べ物や食べる量を制限してといわれるものが数多くありますが、妊娠中の体は、敏感でおなかにいる赤ちゃんにえいようが行くことを考え無理に好きなものを食べずにストレスをためたりしてしまう人もいると思いますが、妊婦さんはストレスをためることが食べちゃいけないものを食べるより、体に悪いことです。
敏感な体は、ストレスのせいでマタニティーブルーになる原因になったり、赤ちゃんに影響したりするなど食べることが好きだった方は特になりやすいです。
それでも子供のことを考えて制限する方は、たんぱく質の多い魚、特に低カロリーの魚で、青魚のアジ、サバ、さんま、かつお、ブリなどの魚がよいです。白身魚のタラやタイなども毎日同じものを食べ続けない限り食べてもいいです。マグロなどの水銀が多い魚はNGです。生の魚も危険ですので食べ過ぎは注意です。どうしても食べたくなったらお刺身一切れなら大丈夫です。
生ハムやレバー、生のチーズも、控えたほうがいいものです。卵や牛乳などもよいですが多く摂取することは避けましょう。しかし、カルシウムの摂取は大事ですので、一日コップ一杯程度を目安に飲みましょう。
チョコレートや果物も食べてよいですが糖分が多く含まれているので継続的に食べることは控えましょう。
基本的に子供のことを考えたら生ものは控えましょう。卵や、ハムは加熱すれば大丈夫ですのでしっかりと調理して食べましょう。
アルコールと喫煙は必ず控えましょう。
妊娠前はヘビースモーカーで妊娠が分かった途端にぱったりとやめることは難しいものです。お酒も同様に毎日仕事終わりで疲れて帰ってきてお酒を飲むのが楽しみな方も多く、いきなりやめるのはむずかしいとおもいます。お酒はノンアルコールのものが種類豊富に売っていてそちらを飲めばいいのですがたばこは吸いうわけにもいかないので、我慢しましょう。場合によってはそれがストレスでイライラしたり過食になって逆に体に悪い場合もありますが、タバコを吸うことは流産や早産、、また生まれてからも、病気や障害の確率もぐんと上がりますので、ほしくて作った大事な子供を考えると自然にやめようという意識が高まり辞められるのではないでしょうか。
摂取したほうがいい葉酸や鉄などを補いためにたくさんのサプリなどもありますが、あまり頼らずに食生活を変えることが重要です。
葉酸は脳などの器官の正常な発育を促す働きがあるので大事なビタミンですが、枝豆、ブロッコリー、ホウレンソウアスパラ、納豆の食材も葉酸が含まれており比較的摂りやすいものでもありますのでサプリよりはいいです。
お肉の中でも、高タンパク低カロリーな鶏肉、特にささみやモモ肉を意識して取るようにして、豚肉、牛肉は控えることを意識しましょう。食事のとり方も一日三食よりも分割の食事で一回の量を減らす方法もよいです。
糖分や塩分の多いお菓子や、インスタント食品、化学調味料などの添加物も控えたほうがいいです。
栄養ドリンクや炭酸飲料もカフェインが含まれているものがありますので気を付けましょう。
こう見ると妊娠中に控えたりダメな食べ物や飲み物はとても多いです。ここまで多いものをすべて制限するのは難しいことですが意識をするだけでも食生活が変わり子供の影響も低くなります。妊娠中は体の変化やつわりによって食べられないものも多くやはり、偏りが出てしまうと思いますので、バランスを大事にするようにしましょう。
たまには、食べたいものを食べることもいいと思います。一か月に一回ファーストフードを食べるなど、頻繁に食べなければいいのです。好きだからと言って外出するたびに食べたりすることが悪いだけで、たまぁにならいいんです。
あまり気負いしないことも大事です。
パートナーの存在はとても多きく妊娠中で体がだるくなったり、妊娠後期に入って動くことが大変になってきたときはパートナーに助けてもらうことも多いと思います。ですのでパートナーにも理解してもらい、禁煙飲酒は控えてもらうことが大事です。副流煙に気を付けましょう。理解してくれても仕事で忙しくなかなか助けてくれなかったり、協力してくれない家庭も多いかと思いますがパートナーに助けてもらうことで、安心して過ごせたり、出産に向けて万全の準備ができます。一人で乗り切ろうとしても難しいものです。パートナーが忙しくて協力が難しいのなら母親や周りの人に甘えて助けれもらいましょう。頑張ろう頑張らなきゃと思ってしまうことも疲れてしまって体に負担をかけてしまうので一人で頑張ろうとするのはやめましょう。周りに助けてくれる人がいないとしても、それはパートナーが分かってくれるはずです。
妊娠中は一番しょくじに気を付けることが大事ですので、それだけを注意しましょう。
今あげたものは食べてはいけないということではなく、適量にしましょう、偏らずに、バランスよく食べましょうということなので、まったく食べないなど、無理に控える必要はありません。
意外とこれはダメ!というものは意外と少ないです。食べる量や食べ方を気を付けましょうということです。
これは食べていいのか、迷ってしまうようなものが多いですのでよく調べて食べるようにしましょう。
生まれてくるわが子にはいつまでも健康でいてほしいものです。妊娠中はわからないので意識も低くなりがちですが、
食生活を気を付けることで健康に育ってくれます。
インターネットや本なども多数出ており雑誌の中にも食べてはいけないものと食べていいものを記載していますので目を通して健康な体を維持したいものです。
気付かずに、多く摂取してしまうと危険ですので、ある程度の知識も必要ですね。
好みのもの食べてればいいやと思ってしまうと後悔してしまいます。顔が荒れたり体の中に異常があったりと。
気を付けて食べましょう。